1.授業概要
(1)商業の基礎知識を習得し、基本的な概念を理解します。
(2)会社事業を支える仕組みや会社制度を支える金融の仕組みについて、具体的な例をあげて説明するなど、商業の基本知識と概念を学びます。

2.到達目標
(1)各分野の経済現象について、「循環」と「リスク」から取引のつながりを捉えながら、商業を経営する立場からの視点とともに、社会全体を視野に入れて考える能力を養うことを目標とします。
(2)現代社会における小売業・卸売業・流通の役割や構造変化などの基本知識を習得することができるようになります。

3.授業計画
(1)ガイダンス(講義の進め方、留意事項、評価の方法など)
(2)会社という制度 - 会社とは何だろうか
(3)組織とマネジメント制度 - 組織とマネジメントは何だろうか
(4)貨幣という制度 - お金とは何だろうか
(5)金融という制度 - 金融の役割とは何だろうか
(6)商業と流通(1)- 伝統的な流通と現代の流通
(7)商業と流通(2)- 物流とロジスティックス
(8)小売業(1)- 役割と機能
(9)小売業(2)- 多様性と流通構造の変化
(10)卸売業(1)- 役割と機能
(11)卸売業(2)- 多様性と流通構造の変化
(12)販売形態の種類と特徴(1)- 店舗形態の販売特徴と変化
(13)販売形態の種類と特徴(2)- 無店舗形態の販売特徴と変化
(14)eコマース(1)- ITの導入と活用
(15)eコマース(2)- ITと流通の変化

4.教科書
(1)授業時にプリントと資料を配布します。

5.評価方法
(1)提出課題・レポート、授業の取組の姿勢
(2)再試験は実施しないです。