日本近代文学を代表する作家と作品について、文学史的な背景を押さえながら分析し、日本文学研究における基礎的な知識と方法を解説する。明治末期から昭和初期を主な対象とし、特に芥川龍之介の文学には詳しく言及する 。