【対面講義】グローバルな経済活動の中心になっているのが「多国籍企業」であり、その誕生・発展の歴史的プロセスとその理論を学修します。また、代表的多国籍企業の経営行動と地域社会や国家、さらには地球上のさまざまな問題との関係性を取り上げ、「多国籍企業と社会」について一緒に考えていきます。
講義にあたっては、受講生の理解を深めるために、実際の企業事例や企業と社会にかかわるタイムリーな話題を取り入れ、実践的に進めます。受講生に対しては、講義に積極的に参加し、自らの意見を述べることを求めます。そのために、一方的な講義スタイルは排除し、質疑応答を含め、双方向のコミュニケーションをとることを重視します。
※状況に応じて、対面講義から、遠隔講義に変更する場合もあります。