【遠隔講義】「経営学の基礎」で学習した内容をベースに、いよいよ本格的に経営学を学びます。その基本となる科目の一つです。経営学は、管理論、ガバナンス論、戦略論、組織論など様々な分野が結合された新しい学問ですが、その中でも「経営管理論」は経営学の始まりに位置する基本的な分野です。
会社は経営環境の変化に応じて会社の行動を変更し、その時々の経済環境や方針のもとで、機敏に行動しなければなりません。
「経営管理」とは、将来、自分は経営に携わらないからと考える受講生には縁遠いものと思えるかもしれません。しかし、決してそうではありません。ゼミ活動、クラブ・サークル活動、アルバイトといった日常の身近な生活においても「経営管理」の理論が大いに関連してくるものがあります。
この授業では、「経営管理」を身近なものとしてとらえられる授業内容として展開していきます。
講義にあたり、受講生の理解を深めるために、実際の企業事例や企業と社会にかかわるタイムリーな話題を取り入れ、実践的に進めます。受講生に対しては、講義に積極的に参加し、自らの意見を述べることを求めます。そのために、一方的な講義スタイルは排除し、質疑応答を含め、双方向のコミュニケーションをとることを重視します。
※本講義は、受講者数の関係より、原則、「遠隔講義」(Zoom)にて実施されます。