授業の目的・目標

 本授業は、言語学の基礎的な知識および言語分析能力の習得を目標とする。日本語を一言語として改めて見直すとともに、海外の諸言語にも目を向けながら、さまざまな言語現象について考察する。  授業は、十分な予習を前提に、eラーニングとアクティブラーニングを組み合わせたブレンディッドラーニングと呼ばれる授業スタイルで行う。