最新の健康・栄養情報の検索や収集もPCやスマホ等を用いて手軽にできるようになりました。一方で、マスメディアや雑誌等でも栄養や健康に関する情報が数多く取り上げられ、その中には科学的根拠のある情報とそれ以外の情報が入り乱れた状態で存在しています。そこで、授業では、最新の健康栄養情報の検索方法や正しい情報の選択の考え方など講義します。また、科学的根拠のある栄養情報とは何かをしる為には、実際に栄養調査や栄養管理に必要な基礎的なPCソフトの操作並びに調査データの統計学的な考え方などを知る必要がありますので、講義に加えて実際にPCを操作して栄養情報の検索方法を学び、また実際に検索を実施した後、その内容についてレポートにまとめてもらいます。企業で栄養製品の研究開発に携わる上で、これらのスキルは非常に重要です。その経験を活かした内容とします。

食物栄養学科  3年生 フードマーケティング論

発酵食品学科  2年生 マーケティング論

大学生活を送るに際して、大学での学びに必要とするスキルを身につけるとともに、卒業後も自らについて考える技術を身につけ、学ぶ楽しさを知る。課題解決型授業(PBL)を取り入れて行う。
到達目標1:大学での学習について、学びに必要なスキルや勉強方法について身につけることができる
到達目標2:大学での学習について、レポート作成に必要な技術を身につけることができる
到達目標3:大学での学習について、プレゼンテーションを通じて、表現する技術を身につけることができる
学生へのメッセージ:想定する受講者として、在学中の目標に向かい、大学での学びについて興味を持っておくことが望ましいです。40名程度を想定しています。パソコンを用いて行う授業もあります。教室内は、なるべく前列に着席して、私語は厳に慎んでください。無断欠席は不可です。欠席した場合は、なるべく早く欠席届を必ず提出して下さい。遅刻も同様に必ず報告してください。パソコンが必要な回もありますので、準備しておいてください。授業中はスマートフォンや携帯電話の電源を切っておいてください。無断でスマートフォンや携帯電話を触れることもできません。許可なく途中退出することはできませんので、体調等で途中退出する可能性のある学生は前もって言ってきてください。また、Eメールを利用した質問や相談内容にも応じます。(ICT活用)上記メールアドレスを参照してください。ただし、一部オムニバスになりますので、各授業に対しては、各授業担当教員に質問等をしてください。実務家として臨床医療と共に臨床研究に携わった経験を活かし、授業では、研究に関連するアカデミックスキルについても授業を行います。
大学生活を送るに際して、自らの健康を積極的に維持・増進しようとする意思決定や行動の選択ができるように健康について問題を解決する能力・技術を学びます。DVDも用いながら解説をしていきます。
到達目標1:自らの健康を積極的に維持・増進しようとする意思決定や行動の選択ができるように健康について問題を解決する能力・技術を身につけることができる。
到達目標2:自らの健康を積極的に維持・増進について、自ら情報を収集し、分析することができる
学生へのメッセージ:想定する受講者として人体の構造と機能や医学、健康について興味を持っておくことが望ましいです。教室内は、なるべく前列に着席して、、私語は厳に慎んでください。無断欠席は不可です。欠席した場合は、なるべく早く欠席届を必ず提出して下さい。遅刻も同様に必ず報告してください。授業中はスマートフォンや携帯電話の電源を切っておいてください。無断でスマートフォンや携帯電話を触れることもできません。許可なく途中退出することはできませんので、体調等で途中退出する可能性のある学生は前もって言ってきてください。Eメールを利用した質問や相談内容にも応じます。(ICT活用)上記メールアドレスを参照してください。実務家として臨床医療に携わった経験を活かし、授業では、臨床医学に関連する大学生活での健康の管理について授業を行います。

食品学、食品化学、食品分析化学、調理学、栄養学、生物学、生化学、栄養生化学などの生命科学を理解するためには化学の知識が必要不可欠となります。それらの専門科目を学修するために必要な化学の基礎知識を学びます。企業の研究開発部門で栄養製品(機能性食品)や薬剤の研究開発に携わった経験を活かし、授業では管理栄養士や企業等において食品製造や商品企画・研究開発職を目指す人に化学の知識を身につけることの重要性も詳述します。 

環境衛生、生活と健康の関係、疾病の予防法などの理解を通して、国民の健康保持・増進及び生活の質を向上させる活動の重要性を学ぶ。
私たちの生活や健康は、社会の制度に支えられている。公衆衛生学は健康を支える制度そのものである。
公衆衛生の歴史や体制、内容を知り、自らの生活や健康を守り、向上を図るための知識を習得する。